<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まるお療養日記その③(ごはん)

そうこうしているうちに、今度はまるおが新しいごはん(予防食)を食べなくなってしまった。。。
数日前まであんなにがっついていたのに、最初はパテ部分をよけてカリカリだけ食べるようになり
カリカリだけあげてもほんのちょっとだけ食べて残すように。。。

やっぱり具合悪いのかな、今度は歯が痛いのかな、と心配しつつも、
全く食べていないわけではないので、今回も様子を見ることに。

2日目、3日目になり、とうとう1日の4分の1しか食べなくなってしまった。
栄養が足りていないせいか、眠っている時間が増え、
特に私たちが届かない高い棚の一番上で寝るなんて、今までなかったこと。
具合が悪い猫は、人間の手の届かない静かなところに身をひそめて、
体力(や体温)を温存するらしいのです。

とにかくなにか食べさせなくてはと、一旦、治療食の前まで食べていたごはんに戻してみることに。
それでも駄目だった場合のため、猫用ささみスープの作り方を勉強した。



その日の夕飯で、前のごはんをあげてみたところ、ちょ~ぅがっついて食べましたorz

猫は気まぐれというけれど、体を張ってまでイヤなものはイヤと言うんですね・・・
センシティブなだけじゃなく、わがままで、甘えっ子で、頑固なまるちゃん。
だけど、この3日間の飢餓を取り戻すかのように、1食分+αを完食して、
でっぷりと大きくなったおなかをベロ~ンと出して、満足げに眠っている顔を見ると
今までの心配や不安が一気に吹き飛びました。


とりあえず、このままこのごはんをあげ続けるわけにはいかないので、
(できれば予防食を食べてもらいたい!)これからまた色々と勉強です。


今、やっとまるおは元気になったようです。

d0176986_17422143.jpg

[PR]

by anotherrei0 | 2012-12-20 08:39 | まるお

まるお療養日記その②(血尿)

幸運なことに、まるおが治療食を嫌わず毎日ちゃんと食べてくれたおかげで
1週間後の尿検査ではストロバイトは消えていました。

このごはんは、ベタベタしているし食べにくそうだし、しょっぱく作ってあるため、
喉が渇くようにできているそう。
(⇒よって、猫が水をたくさん飲んで、オシッコをたくさん出すことができるようになる。)

そういえば、スプレー行為も1週間で2回ほどに減っていました。
食事は1ヶ月はこのまま治療食を続けるようにとのこと。

とりあえず一安心。



だんだんと調子を取り戻しているように見えるまるお、2週間後の診察。

今回は主治医のO先生が、インターン風の若い先生に教えながら診察していた、
プラス圧迫採尿の際、まるおくんが緊張すると出が悪くなるので
一旦診察室の外に出て下さい、と言われ不安になった。
すかさずJが『(若い先生の)練習ですか?』と尋ねるも、O先生がやるとのことなので
不満だけども仕方なくお任せすることに。
ほどなく呼び戻され、前回の2倍くらいの十分な量のオシッコが採れていました。

今回もストロバイトの値は出ておらず、十分回復したようで安心しました。




ところが翌日、まるおの尿が血尿に!

といっても真っ赤なオシッコではなくピンク色。
あら、昨日の採尿のせいかしら。少し様子を見よう・・・。と経過を観察していたら
日に日にオシッコの出は悪くなるは、スプレー行為復活。

なんだか落ち着かない様子でソワソワ、イライラ壁ガリガリ、ニャーニャーが増える。

1日2回、大きな砂の塊ができるオシッコのはずが、
砂が固まりすらしない程度の少量オシッコが数回。
なんどもトイレに行ってはオシッコしないでやめる、
まさに人間の膀胱炎と同じと思われるような行動。
しかも4日経ってもスプレーのオシッコがかなり濃いオレンジ色。(血まじり?)
これは様子を見ている段階ではない、と再度スプレー尿を採り、病院へ。

やはり、オシッコは血尿、
原因は圧迫採尿の際にどこか傷がついたのだろうとのことでした。



どこまでもセンシティブなまるちゃん。
かわいそうに。

結石はよくなっていたのに、念のための検査で、逆に病気にしてしまった。


1週間、止血剤を処方されて、様子を見る。

ストロバイト結石の方の治療食は食べ終わっていたので、
これからは結石予防&ダイエットのための、
新しいカリカリ(ドライ)とパテのようなウェットになりました。
止血剤をパテに埋め込んで与えると、薬もなんとか食べてくれるのでよかった!

薬のおかげか、5日目くらいから、1回にまとまったオシッコがまともに出るようになって
スプレー行為も止まりました。
オシッコがまともに出るようになったということは、血尿が止まったといえるでしょう・・・。

今度は確認の検査はしません。
まるちゃんが元気そうにオシッコもウンチもしているし、
新しいごはんもモリモリ食べているので大丈夫でしょう。
おとうさんとおかあさんは見ていれば分かります。

ストロバイト結石は予防しないと何度も繰り返す病気だそうなので、
今後の対策を考えていこうと思います。

お玉でオシッコ採尿も、落ち着いたら練習しなければと思います。
[PR]

by anotherrei0 | 2012-12-20 08:34 | まるお

まるお療養日記その①(ストロバイト結石)

ここ2カ月ほど、まるおがずっと体調を悪くしていたため
私もJも気が気ではない日々を送っておりました。


発端はまるおのスプレー行為の再発。
最初は、外猫に対する縄張り意識?それとも甘えのアピール?と思っていたのだけれど
通常オスで去勢済みの猫は、スプレー行為をしないもの。


よく観察していると、オシッコの回数、水を飲む量(回数)が以前よりも増えている。
しかも、スプレー独特のシュッとした霧状のオシッコではなく
だんだん量が増えてきて、しまいにはトイレではない場所にじょ~っとするようになってしまい
これはおかしいね?と気づいたもの。(一応トイレでもする。)
粗相したオシッコをお弁当用の醤油さしで採り、病院へ。


なんと、ストロバイト結石の初期になっていました。


獣医の先生曰く、どうやら人間の膀胱炎みたいのと同じで、
下半身がムズムズするなり違和感を感じていたはず、とのこと。
だからムズムズッとして、スプレーしてしまっていたのでしょう。


なんとかわいそうなこと!
1週間も、気づいてあげられなくてごめん!!


去勢済のオス猫はかかりやすいストロバイト結石。
まるおの場合はまだ石にはなっておらず、結晶の段階だったそうで
1ヶ月間の治療食で様子をみることに。
とりあえず1週間後と2週間後に経過観察のため再診を受けることになった。




尿系の検査でかわいそうなのが、採尿。
もちろん人間みたいに、自分の意思で出したり、待っていたからといって出るわけではない。

なので、おなかをギューッと圧迫してオシッコを絞り出す、圧迫採尿という方法がある。
それが、見た目とってもかわいそうなのだけど、仕方ないしプロに任せるか。という気持ちで
お願いしたら、なんとかちょろっと出たので、検査することができた。



後で調べてみたたところ、尿道にカテーテルを入れたり、膀胱に針を刺して採取する
膀胱穿刺などの方法があるのですが、どれもそれぞれにリスクがあるようです。

自宅で採尿する場合、トイレで猫がオシッコの体勢になって腰を落とした瞬間に、
後ろからお玉をおしりの下に差し入れてオシッコを採るというやり方をしている人が多いよう。
だけど、ちょ~ぅセンシティブなまるおに、はたしてそんなことが可能なのだろうか・・・。
お玉を差し出したとたんに逃げ出すか、そのあとトラウマになってオシッコをがまんするように
なるのではないか。

心配は尽きないけれど、今後はまるおにとって一番負担の少ない方法で
やってあげたいと思います。
[PR]

by anotherrei0 | 2012-12-20 08:31 | まるお

J's Thai Chicken Rice

先日の週末ごはんは


J作のタイチキンライスでした~(・∀・)ノ"

d0176986_1541405.jpg




数週間前の『男子ごはん』でタイの特集をやっておりまして

心平&太一が現地のレストランで食べていた鶏の炊き込みごはんを

やけに熱心に見ているなぁと思っていたら

J流レシピで作ってくれました!




これはひとこと



ウマーーーーーーい (@゚▽゚@)



今回は、お米もタイ米を使用するこだわりよう!


これはぜひ、また作っていただきたい一品(・∀・)b





ちなみに心平アレンジはこのレシピ ⇒


カオマンガイという料理だそうです
[PR]

by anotherrei0 | 2012-12-18 08:41 | J's Cooking